JP | EN

海外の仕事を知る

ロンドン支店

仕事について

海外赴任のきっかけ、海外赴任にあたっての想いを教えてください。

「母国の旅行業を発展させて、ケニアの素晴らしさを世界に伝えていきたい。」そのような想いを持ちながら、営業の現場で頑張っていました。3年が経ち、その頑張りが認められて、ケニア・ナイロビでの新規拠点立ち上げプロジェクトを任されたことが海外赴任のきっかけでした。エイチ・アイ・エスという看板を背負って、絶対に成功させなければいけないという強いプレッシャーを感じる反面、母国で仕事ができることに大きな喜びを感じました。

赴任先での仕事内容を教えてください。

拠点立ち上げ、経営(人材マネジメント含む)

実際に現地で働いてみての印象は?(文化・慣習の違い、現地で苦労したことなど)

海外勤務というよりは母国での勤務でしたので、7年ぶりのケニアにすぐ溶け込むことができました。ただ、日本のスピードに慣れていた自分が母国に戻り、様々なビジネスシーンで相手とやり取りをしていると、回答や対応が日本よりも格段に遅いと感じました。時には怠慢・言い訳、様々な対応と日々格闘しながら業務をしています。大変な中でも一生懸命働くスタッフに囲まれ、オープンしたての小さい店舗でありながら、スタッフ全員が一丸となって毎日前向きに頑張っています。ナイロビ支店は自分の子であるかのようで、サービス意識や行動が、ひとつひとつ変わっていく姿を私自身楽しみにしています。

現地での仕事で達成感を感じたことは?

このナイロビ支店を立ち上げることができたことに達成感を感じました。でもこれはあくまでもスタートライン。登山でたとえるなら、まだまだ出発地点ではありますが、山は高ければ高いほど頂上からの景色がきれいだと思いますので、今度はアフリカ2号店を成功させるべく全力を尽くして頑張ります。

今後、挑戦していきたいことは?

アフリカで続々と拠点展開をしていくことが、次の挑戦です。

現地での暮らしについて

日本との違いも含め、現地での暮らしをどのように楽しんでいますか?

休みの日はスタッフと出かけたりしますが、一番好きな場所はナイロビから車で約1時間半程の場所にあるクレセントアイランドというところです。自然豊かで動物がたくさんいるような島です。この島で散歩しながらキリンやシマウマなど様々な動物と出会えたりします。日本では考えられないことでしょう!

グローバルでの活躍を希望する新卒学生にメッセージを

H.I.S.に入社して海外勤務する醍醐味は?

入社してたった4年しか経っていないのに、海外支店の立ち上げを任せてくれる会社はほとんどないのではないでしょうか。海外進出を本格的に行っているエイチ・アイ・エスで働くことができれば、頑張り次第で、きっと海外勤務の実現が可能です。全く違う文化、習慣、環境で働きながら、いろいろな壁を乗り越えて成長していくことが海外勤務の醍醐味ではないかと思います。グローバル化が進む今の日本だからこそ、海外勤務で経験や力を付けることが必要ではないかと思います。