JP | EN

海外の仕事を知る

フランクフルト支店

仕事について

海外赴任のきっかけや志望動機を教えてください。

海外ウェディング専門セクションのアバンティ&オアシスでは、1ランク上のサービスが求められるため常にお客様の期待以上のサービスを意識して業務をしておりました。
新人教育をしていく中で、日本式のサービスを海外支店でも広めたい、そして更に多種多様な旅行手配に携わりたいと考えるようになり海外支店での業務を志望しました。

赴任先での仕事内容とミッションを教えてください。

ドイツ在住のお客様への出張やレジャーの手配、日本からのお客様の観光の手配、ドイツ発パッケージツアー造成、法人営業等。
今一番の課題は、ドイツ人の訪日旅行の取り込みです。
ドイツ語版Facebook立ち上げや、旅行博の出展等、ドイツ人のお客様へHISを広めていけるよう奮闘中です。

実際に現地で働いてみて体感したこと(文化・慣習の違いなど)は何ですか。

ドイツでは決められた業務時間内に最高のパフォーマンスを出すことが良しとされているため基本的に残業はありません。そしてどの会社も年初に個人の1年間の休みのスケジュールを全て決め、有休取得は100%という事実に衝撃を受けました。
日本人の感覚では理想的ではあってもなかなか実現し難いことではありますが、考え方を改め、メリハリをつけ業務にあたる良い機会となっています。

現地での仕事で成果や達成感は何ですか。

さすがH.I.S.!と言われるとき、日本ならではのサービスの重要性を改めて感じます。
同時に、日本のHISの評価の高さを感じ日本・海外においてご満足をいただける会社で働けていることを誇りに思います。
自分のリピーターが増えていくこと、指導をしているまわりのスタッフが同じようにリピーターを増やしていけることが一番の成果です。

現地での暮らしについて

日本との違いも含め、現地での暮らしをどのように楽しんでいますか?

24時間営業のコンビニは無く、日曜はスーパーやデパートがすべて閉まっている…という環境に最初は不便を感じましたが逆にメリハリをつけた生活ができる気がしています。
ドイツ国内はもちろん、列車や飛行機で1~2時間移動をすれば隣国に行けてしまうという恵まれた環境ですのでチャンスがあれば旅行に出掛けています。
旅行に行って得た知識を仕事に活かすことができるのも旅行会社だからこそだと思います。
赴任中にヨーロッパマスターを目指します!

グローバルでの活躍を希望する新卒学生にメッセージを

ズバリ!H.I.S.海外勤務する醍醐味は何でしょうか。

良いと思ったらまずチャレンジ!
お客様のため、支店のため、スタッフのためになるのであればまずはやってみるという環境があります。もちろん責任重大ではありますが、自分次第で支店を変えて行けることが一番の醍醐味です。

学生へのメッセージ

一口に旅行会社といっても多数の部署で構成されています。
活躍ができるフィールドが沢山あるからこそ、次の目標に向けて常に向上心を持ちながら仕事ができます。
尊敬できる上司、頼りになる先輩、相談し合える同期など沢山の仲間と一体感を持って挑戦していくH.I.S.で働くことは自分の人生において貴重な経験になることは間違いありません。